ボンカレー復刻(松山容子)

花

今話題の芸能(エンタメ)ニュースをダメ主婦がズバッと斬り捨てます。あんたは、細木数子かっ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発表!

2007年 年間ランキングTOP10

皆さんがよくご存知の
やっぱり アレ が1位でした。

[ --/--/-- --:-- ]

ボンカレー復刻(松山容子)

ボンカレー
昭和に親しんだ味とともに忘れられないのが、商品のパッケージ。
時代を映す復刻版が続々と登場している。駄菓子も再び脚光を浴び
、 懐かしの味を求める大人が増えている。【川俣享子】
松山容子さん→松坂慶子さん
日本で初めて開発されたレトルト食品「ボンカレー」は今年、40周年を迎える。
07年5月、女優の松山容子さんがほほ笑む発売当時のパッケージを
全国50万食限定で販売(168円)したところ、2?3週間で売り切れた。
「飽食の時代にレトルトの良さを見直してほしかった」と、
大塚食品(本社・大阪市)加工食品事業部の下村晃弘さん(39)は話す。
「お湯で温めるだけのカレー」は1968(昭和43)年に誕生。
素うどん50?60円に対し、80円は少し高かった。
しかし、核家族化も手伝い、73(昭和48)年に年間販売1億食を達成。
78(昭和53)年に香辛料やフルーツをぜいたくに使った
「ボンカレーゴールド」が発売され、主流になった。
平成に入り、03年に電子レンジで箱のまま温められるタイプが登場。
05年に顔も女優の松坂慶子さんに代わった。
松山さんのパッケージがいまも残るのは、人気の根強い沖縄だけ。
「小麦が多く粘性が高い黄色いカレー。久しぶりだとおいしい」そうだ。
毎日新聞より引用────────────


いや?懐かしいですね?。
誰でも一度は食べた事がある(今でも?)味ですね。


これが、噂の
【限定】松山さんのパッケージバージョンです
↓↓
沖縄でしか売っていません!



スポンサーサイト

発表!

2007年 年間ランキングTOP10

皆さんがよくご存知の
やっぱり アレ が1位でした。

[ 2008/01/03 22:04 ]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。